総量規制と審査について

毎日の暮らしは度重なる出費の連続です。特に給料日前などには財布の中身や預金口座の残高も目減りするばかりで、心が不安に陥ることも少なくありません。そしてこう言った時に限って、仕事関連の大事な飲み会や接待が飛び込んできたり、急な出張案件で旅費を立て替えなければならないケースが生じるもの。さらに家族一緒に出かけるレジャーや急な冠婚葬祭、ファッションや趣味に関する出費など挙げだしたらきりがありません。

 

もちろんこれらの出費を抑えるに越したことはありませんが、中にはどうしても避けられない重要な支払いもありますし、大事なチャンスを失ってしまう場合もあるでしょう。そんな後悔をしないためにも、お金が不足する折には消費者金融で手軽に借入申請するとスムーズに融資を受けることができます。中でもレイクは全国チェーンの有名店。安心して手続きを行うことができるはずです。

 

レイクではキャッシングやカードローンといった手法にて即日審査、即日融資が受けられます。キャッシングならば希望k額を銀行口座に一括振り込みしてもらえますし、一方のカードローンであれば一枚の個人カードを発行することでお金の不足時には近場のATMに駆けつけるだけで迅速に融資金を引き出すことができます。カードローンの場合にはATMから返済も行えるので便利です。

 

ただし、これらの融資を受けるにあたっては然るべきレイク審査をクリアしなければなりません。ネットや電話、店舗窓口、契約ルーム、郵送などで申込みを行った後、それらの情報をもとにしてレイク側では本審査がスタートします。まずは申請内容を入念にチェックした上で、信用情報機関への照会を通じて過去の返済履歴や現在の借り入れ状況などを確認します。さらに勤務先への在籍確認を行って申請内容に虚偽がないかをチェックし、何ら問題がなければ審査通過が可能となります。

 

また、貸金業法に準じて運営されているレイクでは総量規制と言う約束事を遵守することも重要となっています。総量規制では申請者に対して年収の3分の1を超える融資を行うことを禁止しています。そのため、申請者の希望額が年収の3分の1を上回っていたり、あるいは他社からの借り入れと合算したトータル金額がそのラインを超えると融資が不可能となってしまいます。申請内容が基準に抵触しないかどうかはレイク審査においてもきちんと精査されますので、虚偽申請を行ってもすぐにバレてしまいます。これらの借り入れ基準を考慮しながら申請を行うことが求められます。